低下したバリア機能はセラミドで対策失ったハリ肌も対策リマーユプラセラ原液がスゴイ

低下したバリア機能はセラミドで対策失ったハリ肌も対策リマーユプラセラ原液がスゴイ

 

加齢とともにお肌の悩みって増える一方ですね。特に、お肌の乾燥は、誰もが悩む肌トラブルの一つではないでしょうか。季節の変わり目などは、特に、お肌が不安定になり、目元、口元周辺は、乾燥が目立つと言う方、多い様に思います。

 

 

特に、冬から春へと変化する時は、お肌の乾燥はもちろん、花粉やほこりなどの外的刺激でお肌に炎症が起きやすい季節です。年齢を重ねる度に、冬から春にかけての季節の変化が憂鬱になるという方は、年々、バリア機能が低下しているのかもしれません。

 

 

加齢に伴って、お肌のバリア機能を高めるスキンケアを考えたことはありますか?もし、今までに、バリア機能を高めるスキンケアについて考えたことがなければ、この機会に是非、考えてみましょう。お肌にとって何が不足していて、何を補うべきか、効率良くスキンケアをするためには、どうしたら良いか?そんなことをここでまとめてみました。参考にしていただけるとうれしいです。

バリア機能が低下してお肌のハリがなくなる仕組みってどんな状態?

お肌のバリア機能とは

 

 

人間のお肌の表面部分は、紫外線や乾燥、ホコリなどの外部刺激から体を守ってくれています。また、お肌の水分が逃げるのも防いでくれています。これらの働きの事を「肌のバリア機能」と呼んでいます。肌のバリア機能は、肌の潤いが十分に保たれている状態で作用するものです。

 

 

お肌の潤いが十分に保たれている状態と言うのは、お肌の表面にある皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質の3つがバランス良く作用している状態のことを言います。これら3つの保湿因子は、それぞれの役割があり、お肌のバリア機能を維持するために、大切な保湿因子だと考えられています。

 

 

3つのそれぞれの働き

 

 

  • 皮脂膜:お肌の一番外側を覆っているもので、水分の蒸発を防ぎます。
  • 天然保湿因子(NMF):角質細胞内にあって水分を保持しています。
  • 角質細胞間脂質:角質層の細胞と細胞のすき間を埋めて水分の蒸発を防いでくれています。

 

 

バリア機能の低下によるお肌への影響

 

 

バリア機能が低下している状態は、角質層に水分が不足している状態です。お肌の表面が乾燥して乾燥肌になると、紫外線など外部からの刺激に敏感になりお肌のトラブルを起こしやすくなったり、くすみ、シミ、シワなどの老化現象を引き起こし、ハリや潤いを失ったお肌になりがちです。また、お肌からウィルスや細菌なども侵入しやすくなったりします。

 

 

年齢を重ねるとお肌は、乾燥し、ハリや潤いがなくなったお肌になりますね。それって、まさに、お肌のバリア機能が低下している状態なんです。老化現象も早めてしまいそうです。お肌の乾燥を避けるために保湿は、とっても重要なのです。

 

 

また、健康なお肌は、ターンオーバーも正常に働きますが、バリア機能が低下して、お肌の乾燥が進むと、ターンオーバーのリズムも乱れます。すると、お肌は、防衛機能が働き、角質層を厚くしようとするので、お肌の色がくすみ始めます。また、お肌の内部に溜まったメラニンも排出されないままなので、シミとして残ってしまう状態になります。

 

 

このようにバリア機能が低下することで、お肌の老化を早めてしまう状態にもなります。それを避けるためにも、お肌の保湿に十分心掛けるようにしましょう。では、どのような事に気を付けてお肌を保湿したら良いでしょう

 

 

 

バリア機能を維持するための保湿のポイント

 

 

お肌のバリア機能を維持する為に、スキンケアで押さえておきたいポイントは、「角質細胞間脂質」です。角質細胞間脂質の50%は、セラミドという成分でできています。セラミドは、細胞間脂質の主成分なのです。

 

 

角質層の細胞は、レンガのように積み重なって存在しています。セラミドは、レンガのすき間を埋めるセメントのように存在していて、水分が肌から逃げないように保ち、外部からの刺激からもお肌を守ってくれたりしています。

 

 

しかし、セラミドは、加齢とともに減少してしまう成分です。その為、バリア機能を正常に維持し続けるためには、年齢とともに減少してしまうセラミドを補っていくことが大切になります。例えば、セラミドを配合した化粧品を選んで使うことは、お肌のエイジングケアとして、おすすめの方法になります。

 

 

特に、セラミドが存在する角質層は、お肌の一番外側にある層になる為、化粧品が浸透しやすい場所でもあります。積極的にセラミドを補うことで、お肌に何らかの変化が生じやすい部分でもあるので、セラミドを取り入れたスキンケアは、おすすめになります。

馬セラミドを配合したリマーユプラセラ原液が人気の理由

上記までで、バリア機能の維持には、細胞間脂質のセラミドが大切であると言うお話をお伝えしました。そのセラミドが配合され、更には、馬プラセンタも配合され、バリア機能を維持するとともに、ターンオーバーの正常化にも働きかけてくれると言う美容液があります。それが、リマーユプラセラ原液なのです。

 

 

 

リマーユプラセラ原液は、多数の有名な芸能人の方も使われていることで、常に、話題になっている美容液です。ご自分のブログでも紹介している東尾理子さんや田中律子さんなどもお使いになっている様です。なぜ、それほど、注目され続けているのでしょう。

 

 

リマーユプラセラ原液の特徴

 

 

  • 創業130年を超えるリバテープ製薬会社が研究、開発した美容液です。
  • 国産サラブレッドの高品質の馬プラセンタエキスを配合しています。
  • ヒトのセラミドに近い成分で、高い浸透性がある馬セラミドを配合しています。
  • 天然ヒアルロン酸を多く含む馬サイタイエキスも配合しています。
  • 無香料、無着色、パラベン不使用にこだわり、お肌に優しい美容液に仕上がっています。
  • 配合成分は、全部で11種類に抑え必要なものだけを配合しているシンプル処方です。

 

 

リマーユプラセラ原液が、常に人気である理由として特徴を挙げるならば、上記のような点がポイントになると思います。リマーユプラセラ原液は、今でしたら、20ml入り2ヶ月分が定期コースで初回のみ半額で3,820円で購入できます。

 

 

定期コースは、回数などの縛りがなく、いつでも、休止、解約が可能なので、気軽にお試しできるところが、嬉しいですよね(^^♪最近、お肌の乾燥が気になり、敏感になっている感じがありながらも、何を使ったら良い悩まれている方は、是非、お試ししてほしいアイテムです。

 

トップへ戻る